改修工事

雨漏り改善

雨漏りは老朽化した建物だけの問題ではありません。理由はさまざまですが、どの建物にもその危険性はあります。

多くの建物は、雨漏りのないよう設計されています。しかし、設計や施工に不備・欠陥があり、建物に雨が浸み込んでしまうことも全くない話ではありません。

他にも雨漏りの原因として、建物自体の劣化であったり、地震・台風・雪等の災害、耐水性が低い建材の使用などが挙げられます。

雨漏りが進行すると、金属がサビてしまい、カビが発生します。建物自体の強度や寿命にも大きな影響を与えるため、早急な対策をする必要があります。

防水層の破損により引き起こされるケースでは、建物の老朽化、環境の変化によりシートが破れる可能性が考えられます。

また、防水層にも寿命があり、いつまでも効果がある訳ではございません。

どのような原因であろうとも、弊社ではこの道のプロとして、しっかりと雨漏りをとめてみせます。状況を細かく確認し、その場しのぎではなく、最も適した施工法で処置をいたします。